2008年11月20日

日本一有名な一家の職業が明らかに!だゾ!!

小栗、瑛太らが出演する磯野家CM続編で、イクラちゃんとタラちゃんの職業が明らかに

Yahooニュースより
俳優の小栗旬、浅野忠信、宮沢りえ、瑛太がアニメ『サザエさん』の“25年後の磯野家”を演じ、話題となった江崎グリコ『OTONA GLICOシリーズ』の続編CMで、小栗演じるイクラちゃんが社長に、瑛太演じるタラちゃんがたこ焼き屋になっているなど、2人の未来の職業が明らかにされている。

 イクラちゃんの住む超高級マンションへ遊びに来たタラちゃんが、「スゴイとこ住んでんね〜!」と驚くほどのゴージャスな部屋も登場する『仕事&屋台』篇では、イクラちゃんが「イクラネット」というIT関連企業の社長(CEO)を務めていることや、タラちゃんが駅前のワゴン屋台でたこ焼き屋を経営していることなどが判明。CM後半では「昔からイクラちゃんには負けたくないと思っていたんだよね」と告白するタラちゃんに、イクラちゃんも「俺も思ってたよ」と応戦し、「しゃべれなかったけど・・・」とつぶやくコミカルなCMに仕上がっている。

 19日より放映している同CMは、何気ない言葉のやり取りなどから滲み出る、何年たっても変わらない2人の友情が見どころ。プライベートでも仲が良いという小栗と瑛太だけに、撮影では本番中もアドリブが次々に飛び出し、「元々仲が良い2人だからこそできるアドリブや、2人の変わらない友情を感じさせるシーンなど、予想以上に素晴らしいものが出来た」と監督が絶賛する掛け合いを繰り広げた。

 また、『テスト』篇にはワカメを演じる宮沢とカツオを演じる浅野が出演。「小学校ん時のテスト、0点だって」とカツオのテスト用紙を見せるワカメが、「それ、大学の時だよ」というカツオの思わぬ告白に言葉が詰まってしまうなど、こちらも思わず笑ってしまうようなユニークな内容となっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081118-00000015-oric-ent
最初にCMを見た時も衝撃を受けたんだけど、今回も衝撃的な事実が明らかになるんだゾ!しかしイクラちゃんがIT社長だなんてサザエさんが連載された頃にはそんな言葉すらなかったんだろうね・・・・時代を感じるんだゾ!!

ぷーすけが書く犬ブログ
『うちのぷーすけ日記』
もよろしく!!
posted by mannmarukobusi at 18:38 | TrackBack(0) | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

ヴァンパイア物は日本でも人気だよね!!

いまや社会現象!全米公開前から大ヒットを予感させる「Twilight

Yahooニュースより

 21日(金)の全米封切りを目前に控えたヴァンパイア映画“Twilight”が、公開前からティーンを中心に人気を集め、社会現象化する事態となっている。大スターの出演もなく、ヒットさせることが難しいといわれているこういったインディペンデント作品が今、これほどの注目を集めている理由は何か。

 インディペンデント製作会社サミット・エンタテインメントが製作し、自社配給する“Twilight”は、ステファニー・メイヤーのベストセラーシリーズ「トワイライト」の映画化。ヴァンパイアの青年と恋に落ちるティーンエイジャーの女の子を描いたラブ・ファンタジーだ。

 17日(月)にロサンゼルスで行われたプレミアには、数100人のファンが駆けつけ、主演のロバート・パティソンやクリステン・スチュワートらからサインをもらう光景がメディアでも大きく報道された。

 また、公開2週間前にあたる11月4日(火)に発売された映画のサントラ盤は、またたく間に16万5000枚を売り上げ、全米アルバムチャートで初登場1位を獲得した。

 さらに、サミットが20日(木)深夜から先行ミッドナイト上映を行うと発表したところ、全米500館でチケットがソールドアウトに。もっと多くの劇場で行ってほしいというファンからの要望に応え、急きょ、数100館を追加する事態も発生した。週末のチケットも400スクリーンがソールドアウトになっており、すでに劇場前には徹夜組が並び始めている。

 前売り券の発売状況から見ると、ミュージカル作品としては過去最高のオープニング興行収入となる4200万ドルを記録した『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』を上回っているという。少なくとも3000万ドル、もしかすると5000万ドルを超えるとも言われている。

 これほどの社会現象になったことについて、バラエティ紙のコラムニスト、アン・トンプソンは5つの理由を挙げる。

理由1:ベストセラーが原作
 メイヤーの小説は、シリーズ作品として「ハリー・ポッター」に続く第2位の売り上げを記録しているベストセラー。世界中にファンがいて、“Twilight”の公式ウェブサイトは800万ビジットを超え、350のファンサイトが存在するという。

理由2:ロバート・パティソンの人気
 主演のイギリス人俳優ロバート・パティソンは、ティーンの女の子たちの間で人気急上昇中。昨年7月のコミコンに登場したときも、徹夜組を含む5000人のファンが詰め掛けた。また、今年のローマ映画祭で8分のダイジェスト映像が上映された際、3000枚のチケットが20分で売り切れた。

理由3:女性はロマンスに飢えている
 近年、スタジオはまじめなロマンス映画を製作しなくなっている。ロマンスがテーマになっている場合、コメディに走るか、『セックス・アンド・ザ・シティ』や『マンマ・ミーア!』のように、既存のブランドに頼る傾向があるため、新鮮な題材に飢えている層がいる。

理由4:ヴァンパイアものだから
 ヴァンパイアを主人公にしていることで、ロマンスにファンタジーがプラスされる。さらに、ヴァンパイアものは男性にも訴求力があるのが強み。

理由5:サミットの重箱の隅をつつく戦略
 経済不況の中、サミットは社運をかけるとばかりに、製作費3700万ドルに対しP&A(プリント&アドバタイズメント)に3000万ドルを投入し、今年4月から本格的な宣伝活動を行ってきた。まずはMySpaceに予告編を掲載。人気テレビ番組での特集。雑誌50誌での特集。さらに数シーンの追加再撮影なども行っている。

 熱狂の中心はティーンエイジャーの女の子。大ヒットにつなげるにはティーンの男の子と、より高い年齢層の女性の動員がかぎと見られている。しかし、すでに“母親”たちの間で8000人もの会員を持つファンクラブも出現しているという。

 なお、日本配給権は角川エンタテインメントが獲得している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081119-00000002-vari-ent

トワイライトっていうのね・・・恥ずかしながら原作も全く知らなかったゾ!ハリーポッターは知ってるけどね!
ヴァンパイアとのラブストーリーって面白そうなんだゾ!!早く日本でも公開して欲しいのね・・・・・

こちらにも遊びに来てね!、『うちのぷーすけ日記』!!
posted by mannmarukobusi at 20:14 | TrackBack(0) | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

変な例文ばっかり載ってるんだゾ!

「お父さん」と検索するとひどい例文だらけのサイト

Yahooニュースより

学習情報サイト「スペースアルク」のオンライン英和・和英辞書「英辞郎」で、「お父さん」と検索すると、すごい例文が出てくるとネットで話題となっている。

 英辞郎の特徴として、かなり多くの例文が表示されることが挙げられる。例文が多ければ、その言葉の用法を沢山知ることができて、実に便利なのだが、「お父さん」と検索して出てきた例文の中に以下のようなヘンテコものが含まれているのだ。

・お父さん! 気でも狂ったのかよ? そんなことしたら、おれは彼に殺される!
・お父さん、二束三文だったんだから、あのとき浦安の土地買っときゃよかったのに。
・「お父さん、下着姿でうろつくのはやめて」「あ、ごめん」

 辞書の例文として変な内容の例文にネットでは「お父さん、災難ばかりw」「これはひどいwwww」などのコメントが寄せられている。ちなみに、「お母さん」と検索してみても以下のような例文が表示された。

・分かった! それならお母さんに電話したくない!
・分からないよ。いまだになぜお母さんが出て行ったのか分からないんだ。どこにいるかも分からないんだよ。
・君のお母さんに良識がわずかでもあれば僕と結婚させたいと思うはずだ。

 ヘンテコな例文は、どうやら「お父さん」に限ったことではなさそうだ。気になった言葉で検索してみれば、おもしろい例文を見られるかもしれない。(アメーバニュースより)

http://netallica.yahoo.co.jp/news/55468

本当に変な例文ばっかりだったんだゾ!でもあんな奇天烈な例文を考えるなんてある意味凄いかも・・・・・みんなも「スペースアルク」のオンライン英和・和英辞書「英辞郎」で、れっつ・検索なり!!


こちらにも遊びに来てね!、『うちのぷーすけ日記』!!
posted by mannmarukobusi at 22:08 | TrackBack(0) | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ぷーすけが書く犬ブログ、『うちのぷーすけ日記』もよろしく!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。