2008年07月18日

28度が最適と思ってたのに・・・

クールビズ「28度では能率低下」…日本建築学会調査

Yahooニュースより

地球温暖化対策として、夏場を軽装で過ごす「クールビズ」。

 冷房温度を28度と高めに設定し、省エネを図る取り組みで、年々広がっているが、日本建築学会のチームによる最近の研究で、軽装だけでは暑さで仕事の能率が落ち、経済損失にもつながる場合もあることがわかってきた。

 専門家は「換気や送風を組み合わせ、作業能率を下げない省エネ方法が必要だ」と提言している。

 クールビズは、6〜9月に「ノーネクタイ、ノー上着」で職場の消費電力を減らす運動。環境省が2005年に提唱した。28度は建築物衛生法の定める執務室の上限温度だが、作業の能率への影響は不明で、日本建築学会は06年から科学的検証を進めてきた。

 神奈川県の電話交換手100人を対象に1年間かけた調査では、室温が25度から1度上がるごとに作業効率が2%ずつ低下した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080718-00000031-yom-soci

今までエアコンは28度にしなさいってみんな言ってたのに、今更作業能率が下がるなんていわれてもねぇ・・・
僕みたいに毎日寝てばかりの人はあんまり関係ないのね・・・作業してないからね!

こちらにも遊びに来てね!、『うちのぷーすけ日記』!!
タグ:クールビズ
posted by mannmarukobusi at 22:40 | TrackBack(1) | 社会、経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103148596

この記事へのトラックバック

能率低下チェック
Excerpt: クールビズ「28度では能率低下」…日本建築学会調査読売新聞チームの田辺新一・早稲...
Weblog: 話題チェックしよ♪
Tracked: 2008-07-19 23:22


ぷーすけが書く犬ブログ、『うちのぷーすけ日記』もよろしく!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。