2011年11月06日

カブトムシも中々侮れんゾ!!

<カブトムシ>さなぎはノックで存在知らせる…東大など発見

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111105-00000033-mai-soci

Yahooニュースより

トン、トン−−。トイレにいる人が在室をノックで知らせるのと同じように、カブトムシのさなぎが周囲の土に体を打ち付けて、他の幼虫を遠ざけていることを、東京大と森林総合研究所(茨城県つくば市)が突き止めた。

他のカブトムシの幼虫が無断で入室して、もろい自室が壊れるのを防ぐのが目的という。ノックの仕方が、さまざまな昆虫の幼虫を食べるモグラの移動に伴う震動に似ていることも判明し、ノックには他の効果を秘めている可能性がある。

カブトムシの幼虫は土の中で20〜50匹の群れで約8カ月間を過ごした後、初夏に周囲の土を塗り固めて蛹室(ようしつ)と呼ばれる卵形の空間を作り、その中でサナギになる。蛹室はもろく、外部の刺激で壊されると羽化がうまくできず、死んでしまうカブトムシが多い。

チームは、小さなプラスチックの容器に、サナギ1匹と幼虫1匹を入れて実験した。サナギが生きていると、幼虫はサナギの蛹室を11回のうち1回しか壊さなかった。ところが、サナギが死んでいると幼虫は動き回って9回のうち8回蛹室を壊した。

 そこで、土中のサナギを観察すると、幼虫が近づくと背中を蛹室の壁に打ち付けて震動を発していた。どのサナギもほぼ1.5秒間に1回という同じリズムで背中を打ち付けていた。さらに、この震動を空の蛹室で再現すると、幼虫は近寄らず、51回中3回しか蛹室は壊されなかった。

 チームの小島渉・東京大大学院生は「さなぎが動いていることは知られていたが、目的は謎だった。まるで会話をしているようだ」と驚く。


・・・ノックの音がモグラの移動音に似せているかもしれんという事はもぐら除けにもなっているんじゃないだろうか?他の幼虫がさなぎの部屋を壊さんように自己防衛の為にやっているんだとしたらカブトムシも虫なのに色々と考えているんだゾ!

中々侮れん存在ナリ!カブトムシ・・・・犬も負けてられんねぇ・・・・・

ぷーすけが書くワンコとのお出かけブログ
『愛犬とお出かけ!うちのぷーすけ日記』もよろしく!!

タグ:カブトムシ
posted by mannmarukobusi at 20:37 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/233895924

この記事へのトラックバック


ぷーすけが書く犬ブログ、『うちのぷーすけ日記』もよろしく!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。